TOPICS
医療の資格を取るまでに費やした時間

私は通信教育を利用し、診療情報管理士の資格を取得しました

私は通信教育を利用し、診療情報管理士の資格を取得しました。

診療情報管理士とは、診療の様々な記録の点検、整備を行い、カルテに書かれている病名を、世界共通のコードに直し統計をとる仕事です。
元々、医療事務として病院の勤務経験はあったのですが、この資格を取るためには受験資格を満たす必要があり、そのために日本病院会の通信講座を受講しました。
通信講座は2年間です。
医師、薬剤師、看護師の人が受験する場合も、日本病院会の通信講座が義務付けられますが、その場合は1年間だけで済みます。
さて、本題の私の場合、通信講座が終わったのが12月、そして2月が認定試験でした。
認定試験まで含めて考えると2年と1ヶ月半くらい費やしたことになります。
通信講座は、レポート提出とスクーリングからなります。そして、その後に行われる修了試験に合格しないと、単位未認定になるというシステムでした。
レポートと修了試験は通信で行われます。さすがに認定試験は国家試験に準じているため、きちんとした会場で行われました。

医療機関の勤務経験があれば、そう難しくはないと思いますが、全国合格率は50%くらいです。
私にとっては、受験資格を得る過程がとても長かったです。

関連記事・情報