TOPICS
医療の資格を取るまでに費やした時間

親交の深い知人に

親交の深い知人に、歯科医師の免許を持っている人がいましたが、そんな知人が歯科医師としての資格を取得するまでに費やした時間は6年です。

通常の大学などよりも、長い期間勉強をしなければならないようで、6年間の中で基礎知識や臨床医学、更には臨床実習など様々なものを修めなければならないので、大変です。
知人とは親交が深く、大学に通っている時代にも交流を持っていたので、大変さはひしひしと伝わってきたのですが、予想していたよりも覚えることは多く大変であり、充実した6年間になったと言っていました。

試験の合格率自体はそれほど低くはないようで、歯科医師の資格を目指すならば、資格試験よりも大学での6年間で何を学ぶか、ということの方が圧倒的に重要だそうです。
また、最近の医療の進歩は目覚しいものがあり、それは歯科業界でも同じことのようで、歯科医師としての資格を取得した後にも講習会などに、頻繁に出向いているようです。

そのような意味では、6年間の長きに渡る勉強期間であっても、一人前の歯科医師になるためにはまだまだ足りないのかもしれません。

関連記事・情報