TOPICS
医療の資格を取るまでに費やした時間

私の身内には、医師となった人はいません

私の身内には、医師となった人はいません。

しかし、医療に携わる仕事をするために、必要となる資格を取得して働いている人が何人かいますので、そういった人から聞いた苦労話を紹介したいと思います。
まず、私の妹は、医療事務の資格を取得して働いています。この資格を取得しようと思った理由を聞いてみると、そんなに難易度が高い資格ではない事、通信教育をはじめとした学び方の選択肢がたくさんあるからだと言っていました。
子育てをしながら通信教育で学ぶ事3ヶ月、とりあえずコースとして設定されていた期間を終えて臨んだ試験では、不合格となりました。

その後は、ハローワークで行っている職業訓練の中に医療事務があったと言うことで、これに参加することまた3ヶ月、この期間は通信教育以上の過密スケジュールで勉学に励む形となったのですが、この短期集中という学習スタイルのおかげで、その後の試験では見事合格となりました。
その後は、ハローワークから勧められた医療施設で、この資格を持って働き始め、今でもそこで働き続けています。
また、私の息子も、現在介護福祉士を目指して勉学に励んでいます。この資格を取るために、専門学校に通っているのですが、上級資格になればなるほど実務経験のキャリアが必要となってきますので、学校を出た後も、経験を積む為に現場で身を持って経験する事になります。最低でも半年、更に上級資格を目指すとなると、2、3年を目処に資格取得を目指しています。

関連記事・情報